JASRACが新しい集金先を見つける…(画像あり)

mBVTqNe_ltPNgys1489060676_1489060684

映像制作会社に対し楽曲の使用禁止と損害賠償を求める訴え


結婚式場で新郎新婦を紹介する楽曲付きの映像などを制作する事業をしながら著作権料を支払っていないとして、日本音楽著作権協会(JASRAC)は9日、映像制作会社「ビデオソニック」(さいたま市)を相手取り、JASRACが管理する楽曲の使用禁止と損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

JASRACによると、結婚式向け映像の制作会社に対する提訴は初。請求額は明らかにしていない。

JASRACによると、ビデオソニック社は全国20カ所に営業所を展開し、年間9千件を超す結婚式向け映像を制作。は著作権料を支払っているとしている。

ビデオソニック社は「提訴内容が分からず、コメントできない」としている。

JASRAC、結婚式向け映像制作会社を初提訴 ビデオ楽曲に「著作権料の支払い義務」


日本音楽著作権協会


一般社団法人日本音楽著作権協会(にほんおんがくちょさくけんきょうかい、英語: Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers)は、日本の著作権等管理事業法を設立根拠法に、音楽著作権の集中管理事業を日本国内において営む社団法人である。

英称を略し、「CASRAC(カスラック)」と呼ばれることも多い。

9cf31340

日本音楽著作権協会 - Wikipedia


関連動画




音楽教室から使用料徴収へ JASRACが方針決定 2017年2月2日18時02分

▼ こ の 記 事 の 続 き は こ ち ら か ら